メインイメージ画像

働く義務

学生時代を卒業してから、正社員として働いていた勤務先の先輩に、会社を辞めたいと話していた時に「転職とは天職への道」とおっしゃってくれた方がいます。昔は、転職する事をあんまり良く思わない人もたくさんいたと思います。それと、それなりに転職する自分にも戸惑うあると思います。国民の三大義務として決められている通り、働く事は義務付けられています。義務だからこそ、自分に合った、一生涯続けていける就業先を見つけたいですよね。そのためには、転職とは仕方ない事だったり、必要な時もあります。周りのちょっと嫌な意見もあると思いますが、あなたの「一生を」決めるための転職であれば、いつか友人などの見方も変わるでしょう。面倒な事ですが、少しでも考えているならば行動に移してはいかがでしょうか。

勤めながら転職活動をする事は色々面倒臭い事が少なからずあると思います。まず、働き口を見つけるのに時間がないと、求人雑誌や求人サイト等でチェックする事もできますが、短時間でできるのが求人サイトに登録しておくと実用的だと思います。条件をチェックしておけば、自分に合った仕事をメールで配信してくれます。それに、ハローワークでも似たような事を開始しているので、平日にハローワークに行けない人は、便利だと思います。それと、転職先の面談が平日になってしまうケースもあり得ますが、休みをとるわけにもいかないと思います。どうしても予定の日時に行けない時は、転職先の会社に失礼がないように変更をお願いしてみましょう。私もそんな事がありましたが、素直に「その時間は仕事があるので、違う日時でお時間もらえないでしょうか」と、丁重に言ってみたところ調整していただけました。できるなら、自分の勤務先の予定を変更できるなら、自分の予定を合わせるのが一般的です。